ウーバーイーツ配達員のお友達紹介方法。注意点など解説します!

ウーバーイーツには、配達員紹介制度があります。紹介制度開始当初は、紹介者、紹介された方双方に紹介料が入っていました。

しかしながら、現在は、紹介者にしか紹介料が支払われないものとなっています。

また、紹介が発生する条件も複雑で、条件を満たさないとウーバーから紹介料をもらうことが出来ません。現在の紹介料は最大で3万円ですが、過去には10万円までもらえたこともありました。

ウーバー開始初期から配達員をしている私が、お友達を紹介して確実に紹介料をもらう方法を解説していきます!

Contents

ウーバーイーツ配達員、お友達紹介の流れ

ウーバーイーツ配達員のお友達紹介には、複数のやり方があります。それぞれ注意点がありますので、項目別に解説していきます。

ウーバーイーツ配達員への登録

ウーバーイーツ配達員のお友達紹介をするにあたって、まず必要なことがあります。

ウーバーイーツ配達員への登録です。

 

仕様上、ウーバーの注文やタクシー利用でも同じアカウントを使わなければならないのですが、注文やタクシーの利用だけでは、配達員紹介コードは発行されません。

 

お友達を紹介したい場合は、まずウーバーイーツ配達員に登録しましょう。

 

登録がお済みでない方に、お得なキャンペーンも載せておきますので、ぜひご活用ください。

 

紹介コードをお友達に伝える方法、その1(推奨)

自分の招待コードを確認し、紹介コードを口頭やメモで伝える方法です。

これより、自身の紹介コード確認方法を解説します。

 

Uber Driverアプリを起動して、配達開始画面を表示します。

Uber Driverアプリを起動して、配達開始画面を表示します。

画面左上の三本線をタップします。

三本線をクリックし表示された項目、「売り上げ」をタップ

三本線をクリックすると、このように様々な項目が表示されます。

その中にあります、「売り上げ」をタップします。

「売り上げ」をタップし、一番下までスクロールします。

「売り上げ」をタップすると、一週間の売り上げが表示されます。

その画面を下にスクロールしますと、「知り合いを紹介する」という項目が表示されますので、そちらをタップします。

自分の紹介コードを確認します。

「あなたの招待コード」の上に青色で表示してあるコードが、自分の紹介コードです。

そのコードを知人、友人に伝え、入力してもらうことで、紹介コードを適応することが出来ます。

紹介コードをお友達に伝える方法、その2(非推奨)

紹介コードをお友達に伝える方法は、もう一つあります。

紹介コード確認画面で、「招待メールを送信する」をタップ

「紹介コードをお友達に伝える方法、その1」の流れで、紹介コードの表示画面を開きます。

そこで、「招待メールを送信する」をタップ。

メッセージ、メールなど、紹介コード送信に使いたいものをタップ

紹介コード送信に使いたい、メッセージアプリや、メールアプリなどをタップします。

紹介用のリンクを知人・友人に送信します。

リンク付きの文面が表示されますので、そちらを紹介したい知人・友人に送ります。

このリンクから登録してもらうことで、自動的に紹介コードが適応されます。

ウーバーイーツ配達員、お友達紹介での注意点

ウーバーイーツ配達員の紹介料は、紹介コードを使い登録してもらうだけでは発生しません。

確実に紹介料を受け取るための注意点を解説していきます。

登録したエリアでの配達が必要

ウーバーイーツの配達員登録の際に入力した「都市」で配達することが、紹介料発生の条件になります。

例えば、友人が北九州エリアで登録したのであれば、北九州で配達してもらわなければなりません。

新規アカウント作成後30日以内に規定回数の配達が必要

ウーバーイーツのアカウントを作成した後、その次の日から数えて30日以内に規定回数の配達が必要となります。今までの条件では、1回もしくは50回の配達の2パターンがありました。

紹介料は時期、エリアによって随時変更があります

紹介料は時期、エリアによって随時変更があります。その都度、ウーバーイーツ配達員に登録したメールに変更内容が送られてきます。全員共通ではなく、人によって違うものなので、随時メールをチェックしましょう。

 

メールの最後に、「本メールに記載の紹介キャンペーンは、本メールを受け取った配達パートナーの方にのみ適用されます。」との記載があります。

過去にアカウントを作ったことがある場合は対象外

ウーバーイーツ配達員のアカウントを過去に作ったことがある場合は紹介料が発生しません。

また、厄介なことに、ウーバーイーツの注文やタクシーを利用した場合にもアカウントが作成されてしまうので、紹介コードが適応できません。

 

その場合には、後から紹介コードを適応させてもらうことが出来ることもあります。

次の記事で解説していきますので、参考になされてください。

メールでの登録リンクに一部不具合があるようです

システムの不具合で、メールでの登録リンクが機能しないことがあるようです。現在ウーバーでシステム改善に努めているとのことです。

そういうわけで、友達紹介は、リンクからの登録をお願いするのではなく、直接紹介コードを伝えた方がリスクは少ないです。

紹介コードの乱用はアカウント停止のリスクあり

紹介したの多くの方が1回しか配達をしないとなると、高額の紹介料分だけ、ウーバーの赤字になります。

そういった、紹介コードの乱用が発覚した場合、アカウント停止されることがありますのでご注意ください。

紹介コードの入力ミスに注意!

紹介コードの入力を1文字でもミスすると、紹介コードが適応されません。

登録画面では、紹介コードが正しいかどうかを確認する術はないので、慎重に入力してもらうようにお願いします。

口頭ではなく、メールや、ラインなどで、紹介コードを伝えた方が安全です

何かのミスがあり、紹介コードがうまく反映されていなかった際に、ウーバー側から、「紹介コードを伝えたという証拠のスクショ」を求められることがあります。

登録以前に、メールやラインなどで、紹介コードを送ったという証拠があれば、後ほど紹介コードを適応してもらえたことがありました。

送信した時間が分かるメールやラインなどで、紹介コードを伝えておくと、万が一の時に対応できる可能性があります。

アカウントの複数所持などの不正行為は禁止

配達員アカウントは複数所持が禁止されています。

発覚した場合、アカウントが停止され、配達、紹介ともに出来なくなります。

紹介できる人数の上限が50人

2020年10月の規約変更により、紹介できる人数の上限が50人に設定されました。

まとめ

ウーバーイーツ配達員のお友達紹介は、紹介料の額も大きいため魅力的なものとなっております。

しかしながら、多少そのシステムが複雑なため、せっかく紹介したのに、紹介料をもらえなかったというケースもSNS上で多々見られました。

そういったことにならないように、紹介システムをしっかり理解し、確実に紹介報酬をもらいましょう!!